持ち家よりも戸建賃貸の方が費用対効果が良い

戸建賃貸と持ち家、双方それぞれにメリットがあります。持ち家の良いところは文字通り、完全に自分の所有物になる点です。リフォームが自由に出来たり、庭を自分好みにカスタマイズしたりと、暮らしの幅が広がります。対して戸建賃貸のメリットですが、持ち家に比べて、コストパフォーマンスが非常に良い点があります。

特に若年層にとって一戸建て住宅を購入するのは至難の業です。戸建賃貸なら毎月安価な家賃を支払うだけです。経済的にまだ安定しない若者の場合、ローンを組んでマイホームを購入しようと思っても審査がなかなか通らない、という実情があります。戸建賃貸なら一般的なアパート同様に、審査が簡素であり、いわゆる普通のサラリーマンやOLの方ならスピーディに新生活を始められます。

ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる

持ち家とは違い、戸建賃貸は何年暮らしても自己の所有物にはなりません。一見するとデメリットのように見える特徴ですが、個人のライフスタイルが一昔前よりも頻繁に移り変わる事になった現代社会では、不動産物件を自己所有する事の方がリスクである、とも考えられています。家庭の事情で遠くの場所に引っ越す事になった時、持ち家の場合だと売却の手続きが発生します。買い手がなかなか現れない事も多く、時間が掛かれば掛かる分だけ労力やコストが膨らみます。対して戸建賃貸の場合、転職や親の介護などで引っ越しが決まった時、素早く住まいを変えられます。借りていた住まいを大家さんや管理会社へ返すだけでので手続きはシンプルであり、待ち時間も短めです。