騒音問題をある程度回避しやすい

賃貸マンションに住んでいて誰もが1度は気になったことがあることは、壁を接している同じ集合住宅に住んでいる人の生活音です。生活リズムが必ずしも朝型とは限らない現代では、夜勤を中心として働いている人が珍しくありません。そして、生活時間帯がズレていれば居住する上でどうしても出てしまう生活音について、五月蝿いと感じてしまうことがあるわけです。 また、賃貸マンションにおける騒音問題の困った点は、上下階で発生していると考えている騒音が実は別の部屋からだったというケースが多いことがあまり知られていないことにあります。配管や壁を伝わる賃貸マンションならではの生活音は、配管が繋がっている離れた部屋で音が大きくなることが珍しくありません。戸建賃貸ならば壁や配管を共有している他の住人がいないからこそ、騒音問題を回避しやすいわけです。

窓の数が多く開放感がある

戸建賃貸を気に入っている人が次も同じ戸建賃貸を選ぶ理由として、窓の数が多くて開放感がある点を挙げる人が多いです。賃貸マンションでは上下左右に別の部屋があれば窓を設置可能な部分は廊下側とベランダ側のみとなります。角部屋のみが多くの方向へ窓の設置が可能ですが、戸建賃貸ならば建物次第で4方向全てに窓が設置されていても不思議ではありません。そして、窓の数が多ければ風通しが良くなるだけでなく、開放感が得られるからこそ一度戸建賃貸へ住み始めたら賃貸マンションには戻れないという人がいるわけです。また、周囲に壁を接した他人の部屋が無いという点も開放感が得られるポイントとなります。 さらに、条件次第では戸建賃貸には庭が付いていることもあるので、建物の外に出て庭を活かした過ごし方も可能です。