基本的にリフォームができない

賃貸マンションのデメリットといえば、基本的にリフォームができないことです。そもそも、マンションは分譲であっても占有部分しかリフォームはできませんが、間取り変更や什器の交換など、必要に応じて変えることはできます。しかし、賃貸の場合は床の張り替えすら自由にできないことがデメリットです。リフォームだけでなく、壁に穴を開けるなどの行為も基本的に禁止されています。例えば、壁に絵画などの額縁を飾りたい場合でも穴を開けることはできません。多少の傷程度なら退去時に原状回復をすれば解決は可能ですが、基本的には釘一本打てないと考えた方がいいでしょう。そのため、レイアウトや使い勝手を変えたいときには家具の配置換えなど簡単な方法が主です。

退去時の費用が高い場合もある

賃貸でも、分譲マンションを所有者から賃借するというケースもあります。中には不動産投資を目的として購入し、新築の状態で貸し出すケースも少なくはありません。もとが分譲マンションのため、同じ賃借でも使っている壁材や床材などが高価なものが多く、セキュリティ面もしっかりしています。ただし、その一方でデメリットになりやすいのが退去時の原状回復にかかる費用です。敷金が何カ月で設定されているかにもよりますが、使われている素材が高価な分、万が一破損や汚損があれば敷金をオーバーしてしまうこともあるでしょう。分譲マンションを賃借する場合は、退去時の原状回復費用をどこまで負担するのか、敷金だけでまかなえるかどうかをきちんと確認することが重要です。